カントン包茎で挿入がうまくいかないストレスでEDに

今注目されているEDについて考えてみよう

男性でEDになってしまっている方はとても多いですし、悩んでいる方はとても多いです。
周りの人に相談しづらい問題ということもありますし、一人で抱えている方が圧倒的に多いというのも特徴の一つです。

パートナーと話し合いが出来る場合も有れば、それが出来ない事も有りますし話しにくい内容という事もあるのですが将来的に子供の事を考えるのであれば話し合うべきです。
また夫婦になる前に恋人関係の段階でEDになっているという事ですと、様々な原因もありますしその一つにカントン包茎であるという事があれば、それは手術で解決出来ますので心配は無用です。

包茎と言っても大きく分けると3つあります。
真性包茎やカントン包茎と仮性包茎がありますが、カントン包茎の場合は挿入時に痛みを伴うのでそれが上手く出来ず、ストレスになってしまうこともあるでしょう。
そのストレスがたまり、EDになるというケースにもつながります。

挿入時に痛みがあるカントン包茎は手術で解決

包茎の悩みは男性の中でも多くの方が悩んでいる事ですし、その解決方法で1番メジャーなのは手術です。

カントン包茎の場合は挿入時に痛みが生じることもありますし、うまく挿入できないという事も多いです。
正常に性行為が出来ないという事を指しますし、そこからEDになるということも可能性としてはあります。

その問題を解決したいという事でしたら、メンズクリニックや泌尿器科でまずは相談です。
ちなみに保険が適用される場合は泌尿器科での手術が一般的ですが、その場合傷跡が目立ってしまったり、仕上がりに不満が残ることも多々あります。
そう考えた時に、保険が適用されないけれどメンズクリニックで手術を受けるというのも選択肢としてはありです。

費用の事が気になる場合は、メディカルローンが組めるクリニックもありますし、支払いが計画的に出来る所を選択するというのもお勧めです。
まずは無料カウンセリングから始めてみましょう。

まとめ

メンズクリニックや泌尿器科で行われている手術には、包茎手術もあります。
日本人の男性の7割近くが包茎だと言われていますし、その中でもカントン包茎は挿入時に痛みが生じる事も有りますので要注意です。
そこからEDになってしまうという男性もいますので、早い段階で治療を受ける事をお勧めします。

メンズクリニックですと保険は適用されませんが、仕上がりが綺麗で満足度が高いという点デメリットは多いですしまずはカウンセリングからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする