ペニスを大きくするためのトレーニングのやり方

様々な増大サプリが発売されていますが、トレーニングによって大きくすることも可能です。まず、ミルキングというトレーニング方法です。
半勃起状態のぺニスの根元を人差し指と親指で作った輪っかで握り、中指・薬指・小指の順番でそれぞれ握っていきます。
牛の乳搾りのような動作ですが、これにより亀頭へ血流を送れるので、増大化が期待できます。
しかし、不衛生な手で行うと尿道から細菌が入ってしまったり、力を入れ過ぎると海綿体や毛細血管などを傷つけてしまうことがあるので、注意が必要です。
また、固定しているじん帯を緩めて、体内に入っているぺニスを外側へ伸ばす引っ張り法というトレーニングもあります。
引っ張りを補助する専用のポンプもあるので、手軽に行うことができます。
他にも、PC筋という恥骨と尾骨を支える筋肉を鍛えることでも、大きくすることができます。PC筋には、ぺニスを外側に押し出したり、海綿体へ血液を送る働きがあるので、勃起力向上という効果も期待できます。
さらにスクワットは、太ももの筋肉を鍛えることにより身体全体の血流を良くするので、ぺニスの血流が良くなることにもつながります。
日常の何気ないトレーニングも、ぺニスを大きくする上で大切であるといえます。