ペニスを大きくするための食事の摂り方

ぺニスを大きくしたいのなら食事にもこだわるべきです。
食事面を見直す際に覚えておきたいのはぺニスを大きくする作用を持つ成分であり、しっかりと取り入れることで効率良く変化させていくことができます。
まず最初に取り入れたいのはアルギニンであり、体内で血管を広げる働きをする一酸化炭素を生成して血行を改善する効果を発揮します。
つまり、アルギニンを積極的に取り入れると勃起した時に血流量が増加してペニスのサイズも大きくなるという仕組みです。
しかも成長ホルモンの分泌にも関わっていますので、男らしさの元となるテストステロンの分泌を促すことで男性力が高まります。
シトルリンも積極的に取り入れたい成分の一つであり、アルギニンと同じように血流量を増やす働きが期待できます。
一緒に摂ると効果的ですので、メニューを考える際にはどちらも含んでいるものを取り入れると良いかもしれません。
亜鉛もペニスを大きくするのに必要であり、性的な能力を高める作用を知られています。
テストステロンの生成を活性化して精子の量が増えますので、増大させたい時には欠かせません。
アルギニンは湯葉やかつお節、高野豆腐、落花生などに多く含まれており、シトルリンはスイカにたくさん含まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする